本文へスキップ

有限会社木次貴金属製作所は耳にやさしいをコンセプトとして無痛イヤリングの特許を取得しました。一人でも多くの方にイヤリングを楽しんでいただけるように製造・卸・販売を行っている企業です。

TEL. 055-283-0627

〒400-0306 山梨県南アルプス市小笠原590-16

個人の方のみ対象SERVICE&PRODUCTS

ソフトタッチフ甲丸 イヤリング

商品イメージ1

ソフトタッチフープ(無痛)イヤリングの紹介

"ちょっと試してみるね"
"なにこれ?!"
"本当についているの?"
"全然、痛くない"
"逆に落ちない?"
"痛っ、引っ張ると痛い、とれないよ"
"なにこれ?!"
"引っ張っても外れないよ。"
"全くつけている感じしないし、痛くない"
"これってすごくない?!"
"えっ、なにこれ、欲しい!"
     
初めてソフトタッチ(無痛)イヤリングを試される方は
ほとんどこのパターンの会話になります。


商品イメージ2

イヤリングは痛くて落ちにくい構造

残念ながら、世界中のほとんどのイヤリングは、痛くて、落ちにくいように作られています。
高価や思い出のイヤリングをはりきって身に着けて外出して、楽しい気分で家に戻って無くしたことに気付いてがっかりした経験ありませんか?
こういう事が起こらないように、ユーザーの方達が、とにかく
"落ちないイヤリングを作って"と作り手に託したのです。
その結果が、現在にも至っていて耳たぶを"これでもかっ"というくらい締め付けている痛くて落ちにくいイヤリングが蔓延してしまいました。
確かに短時間だけなら我慢してでもつける方がいます。
しかし、長時間は感覚的に拒絶反応を示さないですか?
耳に穴を空けたくないけど、イヤリングよりはマシという理由でピアスを選択している人いませんか?
イヤリングに拒絶反応する方、ピアスにしたくないけどおしゃれしたいという方、この続きをご覧ください。


商品イメージ3

なぜ、痛くなく、落ちにくいのか?

ソフトタッチ(無痛)イヤリングは、通常のイヤリングの逆の発想から生まれました。そもそもなぜ耳が痛くなるのか?それは、耳を締め付ける構造になっているからです。耳たぶをやさしく包み込むようにおさえられたらきっと痛くならない、そんな思いから生まれました。ただ単に痛くないイヤリングを作るまでにはそんなに時間はかかりませんでした。しかし、痛くなくかつ落ちないものを作ることは非常に長い道のりでした。長い年月をかけ、あらゆるものの構造を研究してたどり着きました、耳をやさしく包み込んでかつその状態を維持できる方法を!それがこのソフトタッチ(無痛)イヤリングです。特許を取得しました。類似品を稀に見かけますが、見た目は似たように作ってますが、全くの別物です。ご注意ください。
このイヤリングは、耳を圧迫させずにどんな方の耳たぶの厚さにも調整できるようにどこでも止まります(維持できます)。この止まることが耳を締めつけない秘訣なんです。私がどんなにうまく説明しても伝わりません、是非一度身に着けてお試しください。


この商品についての説明

甲丸上のソフトタッチです。
そのままでも使えますが、下に丸カンをつけてぶら下がりタイプにも加工が可能です。
一番の特徴はイヤリングではなく、ピアスに見えることです。
材質に合わせて商品を作れます。
下記材料より選択できます。
大量に注文するから真鍮で製造してくださいという問い合わせがありますが、真鍮で製造する場合、材料目的の加工でしたら可能ですが、安価にしたいという目的での製造は不可能です。真鍮で作る場合はかえって高額になります。それは、機械ではできない職人による手作業がいくつも作業工程にあるからです。

     

商品詳細

        
商品番号 KSTKM
サイズ 正面からみた全長 19mm
正面から見た横幅 8.4mm
横から見た長さ  16.5mm
甲丸の厚み    5.2mm
シリコンの大きさ 8.3mm
シリコンの厚み 5.1mm 
重量 シルバー(925)(平均値2.45g)
K18(5:5) (平均値3.75g)
K14WG(平均値3.5g)
K18WG(平均値3.75g)
備考 この金具は1サイズのみになります。
ブランド 総合メーカーですので、ブランド品を作りたいという企業(方)はご相談ください。
また、こういうデザインで作ってほしいというご要望などありましたら、イラストや写真などを
つけてお問い合わせください。







シルバー(銀製品)は、5種類の中から選べます。


ロジウムメッキ(銀)

金メッキA(K24)

金メッキB(K18;6:4)

金メッキC(K18;8:2)

金メッキD(ピンク)









     


バナースペース

有限会社木次貴金属製作所

〒400-0306
山梨県南アルプス市小笠原590-16

TEL 055-283-0627
FAX 055-284-4731